ぷあ日記

その名の通り、poor(低収入)で生活しているぷあの日記。転職、病気、趣味ごとをメインに書いていきます。基本、週末更新。

自立支援医療制度

11月末に地元自治体から封書が届き、精神障害者手帳の交付をするので、役所に来てくださいとの通知がありました。
封書が届いたのが午後イチ。その日は通院日でもあったので、まずは病院に行き、診察時に先生に通知が来た旨を話しました。
級数(精神障害者手帳は1級から3級まであります。3級が一番軽い)は、役所に取りにいかないと分からないので、次回の通院日に手帳を持っていくことになりました。

お仕事に関しては、「就労支援施設のA型とかですか?」と聞いたら、「ぷあさんなら、就労移行支援や、障害者枠でもいいのでは?」とのことでした。
障害者のお仕事には種類があるそうで、調べたら、

就労支援B型
通常の事業所に雇用されることが困難でなおかつ、雇用契約に基づく就労が困難な人が働く場
※出来高払いの工賃(内職みたいな感じ。自分ができる分だけ作業する)が支払われる

就労支援A型
通常の事業所に雇用されることが困難だが、雇用契約に基づく就労可能な人が働く場
※最低賃金程度の時間給(賃金は幅があるようです)

就労移行支援
障害がある人で一般企業へ障害者枠等で就職することを希望する人(施設には最大2年間)
※基本無料で利用できるが、前年度収入があれば、利用料が発生する可能性あり

障害者枠
言葉の通り、企業の障害者枠で働く

とのこと。

私は、以前も一般企業で働いてきた経験があるので、A型よりも…就労移行とのことらしいです。ただ、就労移行支援は収入がないんですよね。A型、B型はあるのですが…

とりあえず、病院に行く前にハローワークへ行き、登録手続きをしました。
専門窓口の職員さんに「主治医には就労移行支援とかを…」と言いました。
すると、「主治医にちゃんと聞いた方がいい」と言われ、
就労移行支援施設のパンフレットをいくつかもらってきました。

次回通院日の間に、自立医療支援の受給者証も届きました。
そして、手帳と受給者証を持って病院へ。

受付に受給者証を渡し、診察を待ちました。
診察で、主治医に手帳を見せ、就労移行支援のパンフも見せ、お仕事の相談をしました。
先生はパンフを見て、「こことか、ここなんかもいいんじゃない?」と。
そして、「ぷあさんは就労移行支援施設では優等生だよ」とのこと。
一般企業で働いてきたし、PC操作もある程度できるので。
とにかく自分に合ったところを見つけた方がいいとのことでした。

会計時に、薬とともに、「医療費の計算をして、差額を計算して次回来院時に渡しますね。(とっておいた)レシートを下さい」と言われ、レシートを出しました。

そして、次の来院時、
会計で3割負担分が1割になったので、2割分が戻ってきました!!
このお金で、甥っ子、姪っ子にお年玉があげれそうです


就労移行支援施設は1カ所見学しました。
施設の説明や、聞き取り(私の病気について等)がありました。
お世辞なのかもしれませんが、「(以前仕事をしていたので)ぷあさんなら1年かからず見つかるかも…」と。
それと、年齢を言ったら「○歳に見えない。若く見える」とのこと。「若く見えるのは有利ですよ」とも。
本当にそうなら嬉しいですが…お世辞かも(笑)

あともう1カ所見学予定です。
ただ、自治体のサービスなので、行きたい施設が決まったら、自治体に申請しなければなりませんけどね。

私としては、いきなり障害者枠に応募しても、面接とかで失敗しそうなので、就労移行支援で履歴書の書き方、面接対策などをしたいなと思っています。

多分来年からになる気がします。
家にいるよりはずっといいかな。

また一歩進んだ気がします。
お金のあるうちは、焦らず、進んで行こうと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

8月31日の記事で、自立支援医療制度&精神障害者手帳の診断書をもらったことを書きました。
病院へは先週末に行ったので、申請は出来ず、
今週、申請をしに行ってきました。

うちの自治体では申請に必要なものは、
・医師の診断書 
・健康保険証(本人)
・印鑑
・履歴書サイズの写真
 (手帳申請の場合。自立支援医療制度のみは不要)
・マイナンバーカードまたはマイナンバー通知書
・世帯の所得状況が確認できる書類


でした。
所得状況は、ずっとその自治体に住んでいれば、役所で確認ができるので書類は不要とのことでした。
引越し等で転入してきた場合は必要らしいです。
私は、ずっと住んでいたので、“不要なんだな”と思い、詳しくは聞かなかったです。
申請書は役所にあり、申請時に書きます。

上記はあくまでも、私の自治体でのことなので、申請する場合は役所に聞いた方がよいと思います。

役所に行って、担当者の方に診断書、保険証、写真を提出しましたら、診断書を開封され「自立支援医療制度と精神障害者手帳、両方申請ですね」と聞かれました(私は両方の申請で、診断書にその旨の付箋が貼られていたので聞かれたんだと思います。片方だけの人もいるので)。
そして役所が用意した申請書に、名前や生年月日や住所、自立支援医療制度を利用する病院名と病院の住所、電話番号を記入、薬局を利用する場合は薬局名とその薬局の住所、電話番号を書くみたいですが、私は院内で薬をもらっているので、病院名だけの記入でした。
その他にマインバー記入、印鑑を何枚か押しました。
そしたら、A4の紙(申請書の控え)が渡されました。
申請書の控えは次回の診察時に病院に出します。受給者証が届くまでは今まで通り3割負担ですが、受給者証が届くと、差し引きして払い戻しされるとのことです。

次に更新の話もされました。

自立支援医療制度は1ごとの更新で、2年に1回は医師の診断書が必要とのこと。
私は新規なので、有効期限(1年間?)の3カ月前くらいに更新をしてくださいとのこと。
翌々年は医師の診断書が再度必要になるようです。


申請結果は、封書?で届くらしいので、もし発行されたら役所まで取りに来てくださいとのことでした。

申請書を書く時、なぜか右手が震えてきました(転換性障害で右手が震えるのでそのせいだったかも)。
役所の人に「代わりに書きましょうか?」と言われましたが、何とか自分で書くことができました。

申請が終わって、まだ結果も出ていませんが、普通じゃなくなったんだ…と改めて思いました。
私は病気なんだと。こころの病気なんだと。

今までは普通の人として暮らしていましたが、心療内科に通い、申請をすることで、同じような人の気持ちが分かるようになってきました。
仕事探しとか、これからもっと大変なのかもしれません。

いなくてもいい、消えてしまいたいと思ったことも数知れず。
でも…生きてていいんですよね?(;_;)

と思いたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の受診から1週間後。
病院に行ったら、自立支援医療制度&精神障害者手帳の申請書(診断書)が出来ている旨を看護師さんから告げられました。


そして、診断&カウンセンリング。
先生からは、今までの病名「転換性障害」のほかに、「気分障害」というものも加わったと話がありました。
前回、寝る前の薬を変えたのですが、眠れたり、眠れなかったり、夢をよく見てしまうので(眠りが浅い?)、
変えた薬1錠が2錠になりました。
その代わり、食後の薬は1錠減りました。
今は、毎食後に3錠、就寝前に4錠(うち2錠は同じ薬)です。

前回の受診でも言われたことですが、「簡潔に話すのが下手」ということ。
先生には「友達に言われたことはありませんか?」と聞かれましたが、友達にはなかったです。
今までの職場ではあったと思います。若い頃は自覚してませんでしたが、
今は回りくどくて、簡潔に話すのが経下手だと思っています

職歴の話もしました。
一番長かった印刷関係のB社(今までの道のり その2の記事参照)を人間関係で自己都合退職してから、仕事を転々とするようになってしまったので、先生からは「B社の退職がきっかけかもしれない」と言われました。
言われてみると…そうなのかもしれません。

診察が終わり、会計を待つ間、私は通院は3年弱だけど、もしかしたら10年も前から発症していたかもしれないんだと思うと、涙が出てしまいました。どうしてこうなってしまったんだろう…と。

会計時に自立支援医療制度&精神障害者手帳の申請書(診断書)が入った封筒を渡され、「これを役所に持っていってください」と言われました。封がしてありました(しかも割り印あり)。
「このまま提出すればいいのですか?」と聞いたら「はい」と。
割り印があるので、今現在、中は見ることができません。
自立支援医療制度の申請も入っているので、役所からA4の紙が渡されるとのことでした。

次からはそのA4の用紙を病院の受付に提出し(支払いは普段通り)、
申請が通れば、さかのぼって医療費が安くなるようです。

自立支援医療制度&精神障害者手帳の申請書(診断書)が出来たのが金曜の午後だったので、来週、手続きに行こうと思っています。

とりあえずは一歩進みました。
でも、まだまだ長い道のりです。


切実に、長く続ける仕事を見つけたいです(;_;)
そのためには焦らず…なのかなとは思いますが、年齢的にも焦ります。
これからしっかりと障害と向き合いたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

お盆が明けたので、過日、かかりつけの心療内科に行ってきました。
自立支援医療制度&精神障害者手帳申請のための受診です。
ちなみに精神障害者手帳は1級~3級まであって、1級が一番重いらしいです。
ネットで見つけた、クリニックさんの精神障害者手帳の解説ページをリンクします。
※上行のリンクをクリックしていただければ…(^_^.)

私は初めてこの制度を利用するので分かったことなのですが、
地元の市(他市町村も同じだと思いますが)の手帳申請書には
「日常生活能力の程度」「日常生活能力の判定」という欄があって、
この欄については、病院の先生が患者(私)に聞き取りをして記入するんです。

で、その聞き取りのために病院に行きました。
「日常生活能力の程度」とは、上記の精神障害者手帳の解説ページのリンクにもあるように、食事や通院・服薬、対人関係などの項目に分かれ、それぞれを患者さんに聞き取りしつつ、「自発的に(適切に)できる」「おおむねできるが援助が必要」「援助があればできる」「できない」の段階に○をつけられます(私の通院している病院では、この“できる”“できない”は“調子が悪い時”の場合で教えて下さいとのことでした)。

「日常生活能力の判定」とは「程度」の項目を総合して5段階に分けられたうちのどれかに○がつきます。5段階とはリンクのクリニックさんによると、

1.日常生活と社会生活が普通にできる
2.日常生活または社会生活に一定の制限を受ける
3.日常生活に大きな制限を受けており、時に応じて援助が必要
4.日常生活に大きな制限を受けており、常に援助が必要
5.自力で身の回りのことはほとんどできない

※この判定は、精神障害者手帳の解説ページの“元住吉こころみクリニック”さんから引用させていただきました。

となってました(市町村ごとに多少の違いはあると思います。よく分かりませんが…)
1だと手帳申請非該当みたいです。

私はどうやら対人関係に問題(他にもありましたが)がありました。
短期間で転職を数回していること、それと話し方が“回りくどい”と先生に言われました。
言われてみれば、そうなのかもしれません(´;ω;`)
どこに○をつけられたかは覚えてはいません。
判定では確か2~4のうちのどれか(1と5ではなかったはずなので)に○がついたと思います。

これで聞き取りは終わりでした。
あとは先生が残りの項目(病名とか?)に記入をするのですが、混んでいるので、
少し時間がかかりますと言われました。

この診断書ができれば、あとは役所に申請して、手帳の該当者になるかどうかが決まります。
ちなみにこの診断書は無料ではないのであしらかず(病院によって金額は違うと思います)。

聞き取りの診断が終わり、就寝前の薬を一部変えました。
前のより、ちょっと強い薬みたいです。とはいえ、就寝前3錠のうちの1錠を変えただけなのですけどね。

来週また病院です。
診断書が出来ているかは不明ですが…

手帳が出来るまで待つか、またお金を出して意見書を書いてもらって就業するか…悩みどころではあります。

でも、診断が終わってホッとした半面、もう一般求人では無理なんだ、しかもこの年齢になって…と思うと涙が止まりませんでした。
見た目は普通なはずなのに…
それに障害者求人だって地方ではそう多くないはず。採用になるかも分からず、これからが不安でもあります。


でも少しずつ、少しずつ前に進もうと思います。
頑張れ自分!(;_;)
です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日暑い日が続いていますね。台風もやっと去りました
私の部屋はエアコンがないので(扇風機です(>_<))、なるべく日中(お昼から午後3~4時辺り)は、部屋には入らないようにしています。
夜も去年までは部屋の窓(網戸)を開けて寝ていましたが、さすがにそれでも厳しくなり、今は1階の畳の部屋に寝ています。
この部屋、家の真ん中にある部屋なので、ふすまを開けると風通しがよく、裏庭につながるサッシを網戸にすると、冷房なしでも寝ることができるんです。いずれは自分の部屋で寝ようと思っています。

前回の記事で、自立支援医療制度&精神障害者手帳の申請をする流れになったと書きました。
ただ、病院がお盆休みだったこと、今週末に病院に行くことになっているので、今はまだ動けない状態です。
働きたい気持ちはすごくあります。
なので未だに、なぜ前職の清掃業でパニック発作になったのか…と思うことがあります。
イヤではなかったし気持ちを切り替えたのに、心の中では今までのデスクワークがやりたかったということなのかなぁと思ったりも。
幸い、7月下旬のパニック発作のような大きな発作は出ていません。
ただ、窓のないトイレは何となく苦手です。呼吸が荒くなりそうになったり。その時は病院から頓服薬としてもらった薬を飲んでいます。

精神障害者手帳も申請して交付されるか分かりませんし、例え交付されたとしても就職できるか…そして長続きするか…不安は募ります
でも今は一歩ずつ前に進んでいくしかないと思っています。
「自立支援医療制度&精神障害者手帳」を取ることを勧めてくださった病院の先生と、了承してもらった両親にお礼をいいたいです。ありがとう。
そして、転換障害という心の病気になってごめんなさい

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ