ぷあ日記

その名の通り、poor(低収入)で生活しているぷあの日記。転職、病気、趣味ごとをメインに書いていきます。基本、週末更新。

就労移行支援事業所

私は今の仕事に就労移行支援事業所を経て、就職しました。
就労移行支援事業所を卒業するにあたり、「就労定着支援(6カ月間)」のサービスを受けました。
定着支援とは、就労することで生じる課題への対応をすることで離職せずに働くように支援することです。
例えば、生活リズムの乱れによる遅刻や欠勤の増加、職場でのコミュニケーション、仕事内容に対する困りごとなどです。
本来ならば、月1回程度、就労移行事業所職員が職場への聞き取りや訪問などにより、仕事ぶりを見たり、上記のような困りごとに対して、アドバイスをしたりします。
ただ、職場訪問は、業種によっては出来ない場合もあり、その時は本人が就労移行支援事業所に行くことになります。
私の場合は、職場的にコロナウイルス感染予防もあり、自分が就労移行支援事業所に行っていました。
コロナがなければ、職員が訪問していたと思います。

6カ月間、毎月1回通いました。
アドバイスも色々もらいました。
私は大体午前(就労移行支援事業所が始まる時間)に行ったのですが、行くたび思ったことは、通う人数が減ったように思いました。
自分がいた時は定員いっぱいだったのです。でもこの間に行ったら、空席があったような…
もちろん、体調が悪く、休みまたは午後からという人もいるかもしれませんが…
もちろん、私の前後で卒業した人が数人いましたが、それにしても…と。
同じ就労移行支援事業所にいて、私が卒業する時に連絡先を交換した人がいるのですが、
その人も結局就労移行支援事業所を辞めたそうです。
自分がやりたい仕事ではないものを紹介されたとのことでした。
更に、就労移行支援事業所は2年間しかいれないのですが、2年以上在籍している人もいました。
ただ事業所が就職できると思った人は申請して許可がおりれば、1年延ばすことができます。それでも…という人はB型に移ることになるようです。
職員さんによると、紹介しても「う~ん」というような返事で実習には行ってないとのこと。

辞めた人は、就職が決まったと言っていました。
就労移行支援事業所は2年なので、2年近くになると本当に焦るのではないでしょうか。
私が就労移行支援事業所に入った時に既にいた人は、2年近くまたは2年以上いるはずです。
コロナでなかなか希望通りにいかないとは思いますが、頑張ってほしいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

私こと「ぷあ」は、最近就職が決まり、就労移行支援事業所を卒業(退所)しました。
就職先は、以前に職場実習に行っていたところです。

コロナのせいもあって、今、職場実習は「就職前提」で行くことになっているようです。
(他県は分かりませんが、私の地元では、そのようです)

職場実習…知っている人は知っていますが、知らない人もいるので、簡単に。
職場実習は2通りの方法があります。もちろん賃金は出ません!(笑)
①ハローワークを利用
 ハローワークの障がい者雇用求人からです。
 求人票を障がい者雇用の窓口に持っていき、見学と実習ができるか聞くことになります。
 もちろん、見学のみ、見学、実習どちらもダメという企業もありますが…
 できる場合は、ハローワークを通して、見学と実習の日程が決まります。
 とにかくこちらはハローワークが仲に入る形になります。

障害者就業・生活支援センターを利用
 サイトにもあるように、各都道府県に1つはあるはずです。
 地元企業の中で、職場実習をさせてくれるリスト(社名を伏せ、業種、職種、仕事の内容や場所などが書いてある)から、興味を持った所を選んで、社名公表ののち見学に行きます。
 見学で実習期間などを決め、実習に入ります。
 ただ、コロナ前までは、本当に「仕事を経験してみる実習」だったのですが、今は「就職前提の実習」になっている所もあると思います。
 なので、実習前に履歴書の提出を求められることもあります。
 こちらを利用する場合、仲介は障害者就業・生活支援センターが担います。
 といっても、利用者本人が何かするわけではなく、就労移行支援所等の福祉サービスを利用している場合は、そのスタッフと障害者就業・生活支援センターとのやりとりになります。

私が通っていた就労移行支援事業所では、実習が決まると、実習日誌を作ります。
実習期間内の毎日の目標や感想、実習先からのコメントをもらいます。
実習後、実習先から評価が下されます。
自分もそこで働きたい、実習先も採用したいとなって、初めて就職が決まります。

私の場合、2回目の実習で決まりました。
実習後に面接がありましたが(履歴書と職務経歴書を持参)、志望動機などの定番の質問はなく、休日や時給などの話でした。

私の場合、年齢も年齢だし、転職も多かったので、正直、不安でもありました。
が、実習先の方々がいい人ばかりで、ほとんどストレスを感じず実習することができました。

それから、就職後は6カ月の定着支援というサービスがあって、
時々就労移行支援事業所のスタッフが様子を見にくるそうです(段々回数が減っていくそうですが)。
ジョブコーチというものを付けることもできます。

就職が決まったので、就労移行支援事業所を卒業しました。
私が通っていた就労移行支援事業所は、大体通所してから1年半~2年で卒業(退所)です。
利用できる期間が2年間なので、1年が過ぎると就職活動(それこそ実習や企業に応募)を始めます。
私は病院の先生に「2年間めいっぱい利用しなさい」と言われて入りましたが、実習先で採用してくれるというので、チャンスを逃さないためにも働くことにしました。
(私の年齢ぐらいいなると、ただでさえ少ない障がい者雇用求人。就職先がなくなってしまいそうで…)
ただ、やはり1年半を過ぎると、「あと半年しかない」と、皆が焦るようです。
もちろん、2年間で就職が決まらない人もいます。
その場合、個別審査を経れば最大1年(計3年)利用できます。
令和3年の今年は、コロナのこともあって、令和3年度中に限っては、最大1年間の範囲内で「複数回」更新も可能とのこと。

就労移行支援事業所更新について
よく分かりませんが、令和3年度は2021年4月1日~2022年3月31日なので、2022年3月30日で利用終了の人が、2023年3月30日まで更新でき、
更に2023年3月1日頃に再度更新できる(計4年?)ってことなのかな?と。
まあ、就労移行支援事業所などの福祉サービスに通所している人は、何かしら話があると思いますが…
上記の図が厚生労働省の文書です↓

現在私は、障がい者雇用のパートで働いています。給料は安いですけど…
すぐ辞めることなく、長く働ければいいなと、本当に思っています

アラフィフの私が就職できたんだから、同じように福祉サービスを利用している人もきっと就職できます!
とにかく、就労移行などに通所している人は、具合が悪い以外は通所日にはなるべく行くこと!
就労移行でも休みがちだと、就職先や「実習でも「(よく)休むのでは…」と思われてしまいます。
休まないで行く人は、就労移行のスタッフさんも推してくれますよ(多分(笑))。

もっと書こうかとも思いましたが、こっち関係の文章は読む人が少ないと思うのでこの辺で(^^;)

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ