ぷあ日記

その名の通り、poor(低収入)で生活しているぷあの日記。転職、病気、趣味ごとをメインに書いていきます。基本、週末更新。

台湾

このところ、韓国男性グループとジャニーズのことを書いていたので、今回は別記事を(^^;)

前に、中国、香港、台湾の俳優さんと女優さんを紹介しました。
その時に、名前に英語の名前が入っている人がいたかと思います。
今回はその名前について。

基本的に中国、香港、台湾の役者さんには3通りの名前の表記があります。

1.姓、名とも現地または現地に近い発音の名前「現地語+現地語」
  例:チャン・ツィイーさん(中国・女優)
    チャウ・シンチーさん(香港・俳優)  

2.名前が英語、姓が現地の「英語+現地語」
  例:アンディ・ラウさん(香港・俳優)
    ヴィック・チョウさん(台湾・俳優)  

3.姓、名ともに英語の「英語+英語」
  例:トニー・レオンさん(香港・俳優)
    アンジェラベイビーさん(中国・女優)

などです。
なぜ英語の名前にするのかは分かりません(特に中国と台湾)。
香港の場合は、洗礼を受けて英語名が付けられると聞いたことがあります。
ただ、その英語名をそのまま使っているかは不明ですが…
多分自分でつけた英語名を使っている方もいるかも(^^ゞ

そのほかに、途中で名前を改名した方もいます。
 ・ジェット・リーさん(中国・俳優)
  前の名前は「リー・リンチェイ」。
 ・フランシス・ンさん(香港・俳優)
  前の名前は「ン・ジャンユー」。

ジェット・リーさんの場合は、ハリウッド進出の時に、本名の「リー・リンチェイ」が発音しにくい?のではないかと。
本当の経緯は分かりませんが…
なので、名前は世界でも発音できる英語で、姓に現地語をつけることで、中国人、香港人、台湾人と分かるようにしているのか…
でもそうなると、姓、名ともに現地語、英語の人はどうなるのか?ってことになりますが…(^^ゞ

そうそう、改名した上記の2人は昔からの映画ファンは未だに改名前の名前で呼んだりしています。

にしても、名前って大変ですよね。現地に行って言っても通用しなかったりしますから。
ジャッキー・チェンさんがいい例です。
今では香港でもジャッキー・チェンさんで通用しますが、
昔はジャッキー・チェンと言っても、香港の人は「?」でした(香港では広東語の「セイロン」が通称)。
漢字で書くと分かるんですけどね(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾の俳優さん第3回です。
早速いってみましょう(*^-^*)

●マイク・ハーさん
(表記:賀 軍翔、現地読みはハー・ジュンシャン)1983年12月28日生まれ、愛称は「小美(シャオメイ)」。俳優。
愛称の「小美」は、同じ同じ賀姓の賀一航(テレビ司会者、俳優)さんが「賀小美」という役を演じているのを見た賀軍翔の同級生が、面白がって呼び始めたことがきっかけらしいです。
ちなみに賀一航さんは1954生まれ。写真で見ましたが、2019年に亡くなられてるようです。
主な映像出演作品は、ドラマ「晴れのちボクらは恋をする」(2011)、「カンブリア紀」(2017)など。日本のドラマ「有閑倶楽部」(2007)にもゲスト出演しています。 
マイク・ハー


●イーサン・ルアンさん
(表記:阮 經天、現地読みはルァン・チンティエン)1982年11月8日生まれ。俳優。
イーサンといえば、最近、有料番組で放送された「扶揺(フーヤオ 〜伝説の皇后〜」(2018)で、ヤン・ミーさんの相手役でしたね。
主な映像出演作品は、「フーヤオ」以外に、ドラマ「花ざかりの君たちへ」(2006)、映画「モンガに散る」(2010)、「黒衣の刺客」(2015)など。
フーヤオのイーサン・ルアン

フーヤオのイーサン・ルアン2
2枚とも「フーヤオ」でのイーサン。いい写真がなかったので、ドラマから。

●ロイ・チウさん
(表記:邱 澤) 1981年10月14日生まれ。俳優、歌手、モデル。
主な映像出演作品は、ドラマ「風の舞う場所」(2005)、「結婚なんてお断り!? 」(2015)など。
ロイ・チウ

●チェン・ボーリンさん
(表記:陳 柏霖)1983年8月27日生まれ。俳優。
日本映画や日本のドラマにも出演した経験あり。
主な映像出演作品は、映画「藍色夏恋」(2002)、「花都大戦/ツインズ・エフェクトII」(2004)、日本映画「シュガー&スパイス 風味絶佳」(2006)。
日本のドラマ「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」(2007)など。
チェン・ボーリン
映画「藍色夏恋」から


チェン・ボーリン2

●ジェームズ・ウェンさん
(表記:温 昇豪、現地読みはウェン・シェンハオ)1978年2月22日生まれ。俳優。
主な映像出演作品は、ドラマ「敗犬女王」(2009)、「カノジョの恋の秘密」(2013)、映画「一八九五」(2008)など。
ジェームズ・ウェン(2013頃)
2013年頃

ジェームズ・ウェン
2020年の雑誌から

●ジョセフ・チェンさん
(表記:鄭 元暢、現地読みはヂェン・ユェンチャン)1982年6月19日生まれ。俳優、モデル。
主な映像出演作品は、ドラマ「イタズラなKiss」(2005)、「イタズラなKiss2」(2007)、「ハチミツとクローバー」(2008)など。
ちなみに、ドラマ「ハチミツとクローバー」は、日本の漫画「ハチミツとクローバー」の実写版です。
ジョセフ・チェン(FCの画像から)
ファンクラブの画像から。新しいドラマのポスターのようです。右から2番目がジョセフさん

●ワン・ダールーさん
(表記:王大陸)1991年5月29日生まれ。俳優。
主な映像出演作品は、ドラマ「イケメン探偵倶楽部MIT~霹靂MIT」(2008)、「国民英雄-X」(2010)、映画「我的少女時代」(2015)など。
ちなみに、「イケメン探偵倶楽部MIT」は、その2で紹介したアーロン(炎 亜綸)さん主演。
映画の「我的少女時代」は、日本でも「私の少女時代」というタイトルで上映されました。
映画は私、見てました(笑)。あの彼が、ワン・ダールーさんか(^^;)
ワン・ダールー(2015頃)
2015年頃

ワン・ダールー2
最近のワン・ダールーさん

●ジェイ・チョウさん
(表記:周 杰倫)1979年1月18日生まれ。歌手、俳優。
主な映像出演作品は、映画「頭文字D THE MOVIE」(2005)、「トレジャー・オブ・エンペラー 砂漠の秘宝」(2009)など。
彼はどちらかといえば、歌手活動の方が盛んです。
ジェイ・チョウ(レコードチャイナより)
レコードチャイナさんより

今回は前から知っている方と、初めて知った方もいました。
多分、もっといると思いますが、今回で一応終わりです。

また、新しい人とか出てきたら、紹介するかも(^^;)

中国、香港、台湾と紹介してきました俳優さん、女優さん。
韓国はドラマを見ていないので、よく知らなくて。
逆に姪っこが韓国アイドル好きだったので、録画して編集した時に名前とかを知ったので、
紹介するなら、韓国アイドル(男性)かな?

もしかして韓国男性アイドルグループを紹介するかもです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾の俳優さんの2回目です。
香港の俳優さん紹介(4月19日掲載)で、香港四大天王を紹介しましたが、台湾にも「四小天王」というものがあります。
多分香港に対抗してのものだと思いますが(^^ゞ
香港の四大天王(4人)が50代ですが、台湾の四小天王は今、40代かな?
一番最初に紹介する人は、ある一定年齢以上の方なら知っている金城武さんです。
金城さんは日本と台湾のハーフで、国籍は日本です。
なので、本来ならば日本の俳優となるところですが、台湾で生まれ、台湾に住んでいるので、台湾の俳優さんとして紹介します。

台湾四小天王(順不同)

●金城 武さん
(現地語読みはジンチェン・ウー)1973年10月11日生まれ。お父さまが日本人、お母さまが台湾人。俳優、歌手。国籍は日本。5カ国語(台湾語、中国語(北京語)、広東語、英語、日本語)が話せます。
日本のドラマ「神様、もう少しだけ」(1998、で深田恭子さんと共演)や「ゴールデンボウル」(2002)などにも出演したことがあります。
主な映像出演作品は、映画で「恋する惑星」(1994)、「天使の涙」(1995)、「レッドクリフ」(2008、2009)、「The Crossing ザ・クロッシング」(2014、2015)など。
金城武

●ジミー・リンさん
(英語名。表記:林 志穎、現地読みはリン・ツーイン)1974年10月15日生まれ。俳優、歌手、レーサー。
最近では俳優業の他に、レーサーとしての活動に力を注いでいるとか。なんだか、某J事務所の不倫騒動で無期限活動自粛した方に似てますね(不倫ではなく、レーサーに力を注いでるということで)。
主な映像出演作品は、映画「ビビアン・スーの恋しくて」(1994)、「フォーエバーフレンズ 戦場への挑戦」(1995)など。
日本での露出が少ないので、映像作品も日本ではなかなか見れません。
ジミー・リン(Facebookより)

●アレック・スーさん
(英語名。表記:苏 有朋、現地読みはスー・ヨウパン)1973年9月11日生まれ。俳優、歌手、映画監督。
アイドルグループ「小虎隊」のメンバー。
ちなみに「小虎隊」はジャニーズの「少年隊」をコピーそた3人組男性グループ。
主な映像出演作品は、映画「曹操暗殺 三国志外伝」(2012)、ドラマ「還珠姫〜プリンセスのつくりかた〜」(1997)など。
アレック・スー

●ニッキー・ウーさん
(英語名。表記:呉 奇隆、北京語読みはウー・チーロン、広東語読みはン・ケイルン)1970年10月31日生まれ。俳優、歌手。
アイドルグループ「小虎隊」のメンバー。
2006年に中国の女優さんと結婚するが、2009年に離婚。
2015年にテレビドラマ「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」で共演したリウ・シーシーさんと結婚。
私は今「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」を見ているので、ニッキーを見たときは「懐かしい~」と思いました。
主な映像出演作品は、映画「バタフライ・ラヴァーズ 」(1994)、「墨攻」(2006)。ドラマ「宮廷女官 若曦」(2011)、「続・宮廷女官 若曦」(2014)など。
ニッキー・ウー

ニッキー・ウーとリウ・シーシー
リウ・シーシーさんと

宮廷女官 若曦
ドラマ「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」より

以上が四小天王です。多分、台湾ではもう呼んでいないと思います。

そのほかに、

●アーロンさん
(英語名。表記:炎 亜綸、現地読みはイェン・ヤールン)1985年11月20日生まれ。俳優、歌手。
台湾のアイドルグループ「飛輪海」のメンバー。
主な映像出演作品は、ドラマ「イタズラなKiss〜惡作劇之吻」(2005)、「イタズラなKissII〜惡作劇2吻〜」(2007)、「華麗なる玉子様〜スイート♥リベンジ」(2016)など。
ちなみに、ドラマ「イタズラなKiss」は、日本の漫画「イタズラなKiss」の実写版です。
アーロン(炎 亜綸)

●ウォレス・フォさん
(英語名。表記:霍 建華、現地読みは分からず。すみません<(_ _)>)1979年12月26日生まれ。俳優、歌手、プロデューサー。
奥様は台湾女優のルビー・リン(林心如)さん。
主な映像出演作品は、「地下鉄(メトロ)の恋」(2006)、ドラマ「傾城の皇妃 〜乱世を駆ける愛と野望〜」(2011)「如懿伝 〜紫禁城に散る宿命の王妃〜」(2017)など。
ウォレス・フォ


●ピーター・ホーさん
(英語名。表記:何 潤東、現地読みはハー・ルンドン)1975年9月13日生まれ。俳優、歌手。
アメリカ生まれで、両親は香港人ですが、幼少期に台湾へ移住しているので、台湾俳優として紹介します。
主な映像出演作品は、映画「狼たちの伝説 亜州黒社会戦争」(2002)、「モンキー・マジック 孫悟空誕生」(2014)、ドラマ「三国志 Three Kingdoms」(2009)、「蘭陵王妃」(2016)、「月に咲く花の如く」(2017)など。
ピーター・ホー

●チャン・チェンさん
(表記:張 震)1976年10月14日生まれ。俳優。
台湾以外にも中国や香港で活躍する俳優。
主な映像出演作品は、映画「牯嶺街少年殺人事件」(1991)、「グリーン・デスティニー 」(2000)、「2046」(2004)、「レッドクリフ」(2008、2009)、「黒衣の刺客」(2015)。
ドラマ「運命の桃花 〜宸汐縁〜」(2019)など。 ちなみに「牯嶺街少年殺人事件」は3時間57分の長編です(^^;)
チャン・チェン

運命の桃花
ドラマ「運命の桃花 〜宸汐縁〜」より

第2回はここまで。
ちなみに、台湾も韓国と同様、兵役義務があります。
金城武さん(日本国籍)以外は兵役についているはずです(ピーター・ホーさんは移住してきているので、不明)。

昔は、兵役に行くと人気が下がってしまってましたね。今は分かりませんが。
ニッキー・ウーさんなんかは代表的だった気がします。

次回で台湾俳優さん紹介は終わりにしたいと思ってます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

やるやると言っていてやっていなかった台湾の俳優さんを紹介します。何回続くかな?
香港の俳優さん紹介が3回、中国の俳優さん紹介は2回でした。
香港の俳優さんの方が回数多い…(笑)
まあ、自分が香港映画が好きだったせいもあって、昔から知ってる俳優さんが多かったからってことで(^^;)

では、本題の台湾の俳優さんを紹介します。
まずは、日本版もあるドラマ「花より男子」の台湾版F4からいこうかと(笑)
ご存知だと思いますが、台湾版では「流星花園」(2001)というタイトルです。
ちなみにこの「花より男子」は、中国、韓国でもドラマ化されています。
台湾が一番最初で、次に日本が2005年に、韓国版が2009年、中国版も2009年。そして中国では2018年版もあるようです。

漫画、ドラマに出てくるF4、日本では「エフフォー」と読みますが、台湾版は「エフスー」と発音します。
(多分中国もです)。
台湾はちょっと特殊で、公用語として中国語(北京語)、台湾語(高齢者に多い)です。
中国語(北京語)としたのは、中国語にも種類があります。
香港で使われる広東語も中国語の一つです。
中国のニュースや北京の人たちが話しているのが北京語と言われるものです。
他にも上海語や福建語などがあります。
ただ、一般的には「中国語」というと、北京語のことを指します。

以上のことを踏まえると、台湾のF4がエフスーというのは、北京語で4が「スー」と発音するからです。
ここに、中国語(北京語)と香港の広東語の読み方を列記します。

中国語       広東語  
 1…イー      1…ヤッ
 2…アー      2…イー
 3…サン      3…サァン
 4…スー      4…セーィ
 5…ウー      5…ン
 6…リィゥ     6…ロッ
 7…チー      7…チャッ
 8…バー      8…パッ
 9…ジゥ      9…ガウ
10…シー      10…サップ
となります。
全くと言っていいほど、違いますね(^^;)

とまあ、前置きが長くなりましたが、台湾のF4を紹介します。
まずは流星花園(2001)時はこんな感じです。
流星花園(2001)
左上から時計周りにジェリー・イェンさん、ヴァネス・ウーさん、ケン・チュウさん、ヴィック・チョウさん

現在のF4
f4_large


●ジェリー・イェンさん
(英語名。表記:言 承旭、中国語読みはイェン・チェンシュー)1977年1月1日生、愛称:暴龍(バオロン、主演ドラマ『麻辣鮮師』の役名から)、小白兎(シャオパイト)、阿旭(アシュー)、旭(アサヒ ※日本のみ)、ジェリー
本名:廖洋震(リャオ・ヤンジェン)
主な出演作品は、ドラマ「部屋においでよ」(2002)、映画「マジック・キッチン」(2004)など。
ジェリーイェン2019
2019年頃

●ヴァネス・ウーさん
(英語名。表記:呉 建豪、中国語読みはウー・ジェンハオ)1978年8月7日、アメリカ出身(誕生がアメリカ)
「流星花園」では、美作にあたる役。
主な出演作品は、ドラマ「王女未央-BIOU-」(2016)、香港映画「イップ・マン 完結」(2019)など。
ヴァネス・ウー2019
2019年頃

●ケン・チュウさん
(英語名。表記:朱 孝天、中国語読みはジュウ・シャオティエン)1979年1月15日生、愛称:Ken、孝天(シャオテン、シャオティエン)
「流星花園」では、西門にあたる役。
主な出演作品は、ドラマ「山田太郎ものがたり〜貧窮貴公子〜-」(2001)、映画「スカイ・オブ・ラブ」(2003)など。
ケンチュウ2020
2020年頃

・ヴィック・チョウさん
(英語名。表記:周 渝民、中国語読みはチョウ・ユーミン)1981年6月9日生、愛称は仔仔(ザイザイ)。本名:周育民(チョウ・ユーミン)
「流星花園」では、花沢類にあたる役。
主な出演作品は、ドラマ「如歌 〜百年の誓い〜」(2018)、映画「闘茶〜Tea Fight〜 」(2008)、「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」(2013)など。
ヴィック・チョウ
映画「楊家将」(2003年頃)


如歌~百年の誓い~
「如歌~百年の誓い~」(2018)より。右の男性がヴィック・チョウさん

この4人で「F4」というユニットを組み、歌も出しています。
もちろん個々でも活動しています。
台湾のF4、今では風貌も変わってしまって…ケン・チュウさんはがっしり体型ですね。
もちろん年月が経てば変わってしまいますが、日本のF4はあまりというか、ほとんど変わってなくて、今でも演れそうな気がします(笑)

次回はF4以外の俳優さんを紹介していこうと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回に引き続き、紹介していきます(^^)

●スー・チーさん
(表記:舒 淇)1976年4月16日生まれ。女優。
スー・チーさんは主に香港映画でよくお見かけしていました。
色々な役をこなしていて、演技のふり幅があるなぁと思っています。
主な出演作品は、映画「風雲 ストームライダーズ」(1998)、映画「レジェンド・オブ・ヒーロー/中華英雄」(1999)、映画「トランスポーター」(2002)、映画「西遊記〜はじまりのはじまり〜」(2013)など。
スー・チー(2017、レコードチャイナ)
2017年頃のお写真(レコードチャイナさんから)

●モン・ガンルーさん
(表記:孟 耿如)1991年7月20日生まれ。女優。
日本映画「恋する・ヴァンパイア」で、主演の桐谷美玲さんの友人役で出演しているそうです。
映画は有料放送で見た記憶がありますが、彼女が出ていたのは覚えてなくって。申し訳ないです。
モン・ガンルー


●チャン・チュンニンさん
(表記:張 鈞甯)1982年9月4日生まれ。女優。
ドイツ生まれですが、ご両親が台湾の方なので、台湾の女優さんとして紹介します。
かわいらしく、でも芯を持った役柄が多いような気も(^^;)
私はドラマ「武則天 -The Empress-」(2015)、「四大名捕 〜都に舞う侠の花〜」(2015)で知りました。
主な出演作品は、上記2つのほかに、ドラマ「三国志〜司馬懿 軍師連盟〜」(2017)、「如懿伝 〜紫禁城に散る宿命の王妃〜」(2018)、映画「闘茶〜Tea Fight〜」(2008)など。
チャン・チュニン(ウィキから)
ウィキペディアさんから

女優さん以外にも数人ご紹介します。

●ビビアン・スーさん
(英語名。表記:徐 若瑄、現地読みはシュー・ルオシュエン)1975年3月19日生まれ。タレント。
日本で活動していたこともあるので、知っている人もいるかと思います。
今は、台湾、日本、中国を拠点に活動しています。
ビビアン・スー

●ツゥイさん
(表記:周 子瑜)1999年6月14日生まれ。歌手。
韓国のガールズグループ・TWICE(トゥワイス)のメンバー
ツウィ

名前の知られた方や、日本と関わりのある方をピックアップしました。
次回は、俳優さんにいきたいと思っています。
俳優さんの方が人数多そうなので、3回ぐらいになるかも(^^;)


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ