ぷあ日記

その名の通り、poor(低収入)で生活しているぷあの日記。転職、病気、趣味ごとをメインに書いていきます。基本、週末更新。

映画

V6の解散&メンバーの森田剛くんの退所が迫ってきています。
ここにきて、退所する森田剛くんの映画出演情報が!
「前科者」という映画です。
主演は有村架純さん。2022年1月公開。
公開時はV6でもなく、ジャニーズ事務所でもなくなってますけどね。

映画「前科者」公式サイト

森田剛「前科者」で約6年ぶりの映画出演、同僚を殺めてしまった男に

森田剛「勝負をしてみたい」有村架純主演映画『前科者』に意欲
https://www.cinemacafe.net/article/2021/09/13/74750.html

森田剛、有村架純主演映画「前科者」に出演! 岸善幸監督「大きな力となりました」

有村架純主演で「前科者」映画&WOWOWでドラマ化決定! 監督は「あゝ、荒野」岸善幸

この映画は「ビッグコミックオリジナル」で連載中の同名コミック(原作・香川まさひと氏、作画・月島冬二氏)が原作。
有村さんは罪を犯した前科者たちの更生、社会復帰をサポートする保護司・阿川佳代を演じるとのこと。
映画とドラマ版があり、映画は完全オリジナル。
剛くん(ファンなのでいつも剛くん呼びなので剛くんと表記します)は、有村さん演じる保護しの元で更生し、社会復帰へ近づいていたのだが、ある日、忽然と姿を消し再び警察に追われる身となる男・工藤誠役。
ドラマ版は、「WOWOWオリジナルドラマ 前科者 新米保護司・阿川佳代」(全6話、第1話は無料放送)で、11月20日から毎週土曜午後10時30分から放送。

ドラマ版サイト
https://www.wowow.co.jp/drama/original/zenkamono_drama/

ちなみに、剛くんは映画のみの出演でWOWOWのドラマ版には出演しませんので、ファンの方は気を付けてくださいね(*^-^*)

剛くんは「ヒメアノ~ル」(2016年)以来、6年ぶりの映画出演。
剛くんを起用した理由として、
「俳優・森田剛の魅力に取り憑かれ、いつか一緒に作品を作りたいと長く強く思い続けていました。本作の企画中に観劇した舞台『FORTUNE』に心打たれ、工藤誠役は森田剛しかいないと確信しました」とのこと。

ファンとしては、「剛くんしかいないと確信した」なんて、嬉しい限りです

映画「ヒメアノ~ル」でも殺人者役だったんですよね。
結構、影のある役が多いな~と。

とにかく、剛くんの映画、見に行こうと思っています。
楽しみに公開日を待っています。
その前に解散が控えているので、複雑ではあるんですけどね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都の緊急事態延長で、映画館も休業になっていますが、私は都民ではないので、公開後、比較的早い時期に観に行ってきました。しかも!舞台挨拶ライブビューイングでした
10年越しの「るろうに剣心 最終章 The Final」。
私が見たのは2回目で、映画の前に舞台挨拶がありました。登壇者は、佐藤健さん、武井咲さん、青木崇高さん、新田真剣佑さん、大友啓史監督。
ちなみに1回目は映画の後に舞台挨拶だったようです。
真剣佑さんは、1回目の舞台挨拶でネタバレをしたらしく、2回目ではまだ観ていないシーンの話をしそうになったりしてました。
究極の選択なんかもあったりしました。例えば、付き合うなら「薫(武井咲さん)と恵(蒼井優さん)のどっちがいいか?」など。
なぜか登壇者は、「くん(薫)」、「けい(恵)」と言ってましたけど。
でも真剣佑さんだけは「巴(有村架純さん)があったらなぁ」みたいなことを言ってたような…(笑)

ストーリーは、真剣佑さん演じる雪代縁(ゆきしろ えにし)が、剣心(佐藤健さん)を敵(かたき)として復讐をするために、色々な方法で挑むという話です。
ちなみに有村架純さん演じる巴は、雪代巴(ゆきしろ ともえ)で、縁(えにし)の姉に当たります。そして巴は剣心の妻でした。
なぜ、縁(えにし)は剣心(佐藤健さん)を敵とするのか…なども映画の中で明らかになります。
※巴が剣心の妻だったことは、HPに書いてあったので、ネタバレにならないと思い書きました。

それと、「最終章 The Final」には、予告にも出ていない、ある人物が登場します。今までの「るろうに剣心」に出ていた人です。
私が予想していた人で、うれしかったです(*^-^*)

そうそう、この映画、第1作から10年経っていますが、皆さんほとんど変わってなくて、さすが!と思いました。
ただ、神谷道場の弥彦役だけは変わっていて、今作が確か4人目です。
そうですよね、あの年齢で10年経ったら、弥彦は出来ませんもんね(^^;)
あとアクションがすごい!ただただ、すごいとしか言いようがありません。
剣心は健くんのハマり役ですね。

俳優さん女優さんって、ハマり役があると思うんです。
名前を出すと作品名が出てくるような(ドラマでも映画でも)。
そういう意味では、剣心役は健くんにしか出来ないと思わせる作品になりました。

そして、6月には「るろうに剣心 最終章 The Beginning」編が公開になります
剣心の過去にも触れる作品になっているようです。
今から楽しみでもあります。

『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』HP 

どうか無事に公開できますように…ただただ願うだけです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

タイトルに覚えのある方はいらっしゃるでしょうか?(^_^.)
この「奥様は、取り扱い注意」は2017年10月期に日本テレビ系で放送されたドラマです。
ある高級住宅地に西島秀俊さんと綾瀬はるかさんが扮する伊佐山夫妻が越してきます。両隣の主婦と仲良くなり、仲良し3人組で、食事したりするのですが、その生活の中で、幸せに見える主婦たちが抱えるさまざま問題を目にし、解決しようとします。
ただ実はこの夫婦、どちらもある内緒の過去があった…
というドラマです。
詳しくはドラマ公式サイトを(まだ残ってました)。

放送当時、とっても面白くて、毎週かかさず見ていました。
そして、映画化の話を聞き、楽しみにしていたのですが、
放送後まったく音沙汰無しだったのです(>_<)


が、とうとう今年の10月に映画化の発表がありました(ヤッター!
主演はドラマと同じく、西島秀俊さんと綾瀬はるかさん。
映画では、ドラマのその後を描いたストーリーになる模様。

ドラマではアクションもこなしていましたが、
映画ではどんな風になるのか、記事によると、ポルトガルでのロケや新キャストも出てくるとのこと。
それにしても綾瀬さんは普段から想像できないくらい鍛えてるようで、羨ましいです(笑)。

2020年6月公開だそうです。
まだまだ先ですが、ドラマファンとしては嬉しい限りです。
公開されたら、ぜひ見に行きたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

つい最近、この映画を観てきました。
菅田将暉くんが出てるということもありますが、
大森立嗣監督作品ということもあって、観たいと思ったのです。

菅田将暉くんは皆さんご存知だと思いますが、
大森立嗣監督は、俳優・大森南朋さんの実兄で、お父さんも俳優・麿赤児ささん。
主な監督作品は「まほろ駅前多田便利軒」「さよなら渓谷」「ゲルマニウムの夜」
「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」「かぞくのくに」など。
上記5作品のうち、見てないのは「ゲルマニウムの夜」(以上全て映画です)。
他にも作品がありますが、私は見てないです。

この「タロウのバカ」。
最初、菅田将暉くんが出てるということだったので、
主演のタロウ役かと思っていたら、違いました(笑)

タロウ役はYOSHIさんという方で、オーディションで選ばれた方だそうです。
聞くところによると、このYOSHIさん、セレブな方だとのこと。映画では微塵にも感じられませんでした。

公式サイトにあらすじなどが書いてありますが、ストーリー的には、タロウは戸籍がなく、一度も学校に行ったことがない子供。菅田将暉くん演じる高校生のエージ、スギオとともに遊んでいたが、ある日、一丁の拳銃を手に入れたところから、いろんな事が起き…という話です。重い映画だと思いました。
障害を持った人も出てきます。
その辺は「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」にも通じるものがあるかと。一緒に観た友人は「ゲルマニウムの夜」に近いと言っていました。
「ゲルマニウムの夜」は見れないかもしれません。
主演の俳優さんが、逮捕されてしまったので…

タロウは映画の中では一度も学校に行ってないので、ちょっと変な子です。
それをセレブの方が違和感なく演じていて、びっくり。
キャスティングした方も見る目があるなあと思ったり。
菅田将暉くんは最後は悲しい結末になるのですが、彼がいることで、タロウが引き立つのでは…と後になって思いました。

大森監督は、どちらかというと自分で脚本を書く方です。なので、この作品も原作はありません。
とにかく、重い映画です。でも、気になった方は一度観て欲しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと前になりますが、映画「蜜蜂と遠雷」を映画館にて観ました。
原作は恩田陸さん。
様々な事情を抱えた4人のピアニストがピアノコンクールに挑戦する模様を描いています。
かつて天才少女と言われた栄伝亜夜役に松岡茉優さん。
地方の楽器店でサラリーマンとして働きながら年齢制限ギリギリで最後のコンクールに挑む高島明石役に松坂桃李さん。
小さい頃、亜夜と一緒にピアノを習い、現在ジュリアード音楽院に在学中のマサル・カルロス・レヴィ・アナトール役に森崎ウィンさん。
そして突如として現れた謎の少年の風間塵役に新人の鈴鹿央士さん。

私は残念ながら原作を読んでいません。
この映画に限らず、原作ありの映画も、大体、原作を読んでないことが多いです(>_<)
すみません<m(__)m>

なので、原作を知らない人が書いたと思って軽く流してください(^^ゞ
一緒に観に行った友人は原作を読んでいて、
「かなりカットされている」
と言ってました。

そうですよね。数百ページの本を忠実に映像にしたら、2時間の映画では収まりませんよね

私は個人的に松坂桃李くんの演技が観たくて、行ったようなものです
役柄的に、4人の中で、独学でピアノを覚えたという役どころなのかな?
(違っていたらごめんなさい)
コンクールでは第一次は突破するのですが、第二次で落選。
でも、もしかしたら、一番ピアノが好きなのが高島明石なのかな?とも思いました。
ほかの3人もすばらしかったです。
マサル・カルロス・レヴィ・アナトールは英語が堪能な役らしかったので、
誰がやるのかな?と友人も思っていたそうです。
そしたら森崎ウィンさんがいた!と(笑)

私はピアノではなく、中学の頃、吹奏楽部でした(バイオリンとかはなかった)。
映画のピアノコンクールの最終は、オーケストラとの共演。
ピアノも見つつ、フルートなどの木管楽器、金管楽器、打楽器を見てしまいました(^_^.)

メインキャスト以外では、ブルゾンちえみさんが意外や意外、ちゃんと女優していました。
前にドラマにも出てましたが、その時は演技を見てなくて。なので、びっくりでした。
今、ドラマや映画に出る芸人さんも多いですからね。

というか、全然感想になってませんね。
ごめんなさい。

できれば原作を読んでみたいと思います。
この間、図書館に行ったら貸し出し中でした。残念

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ