ぷあ日記

その名の通り、poor(低収入)で生活しているぷあの日記。転職、病気、趣味ごとをメインに書いていきます。基本、週末更新。

転職・就職

前にブログで私の就職場所が有料高齢者介護施設であることを書きました。
今はどこも人手不足です。特に私が働いている介護施設は職員の出入りが激しく、人手不足もかなりなものです。
そんな職場にも、3カ月ほど前、新しい職員が入りました(正確にいえば、看護師さんと、介護職員さんの2人)。
看護師さんはいいのですが、介護職員として入った方が変わっているのです。
なので、(悪い方の)武勇伝?も多々あります。
最初の頃は、「初めてだから」ということでしたが、3カ月経っても相変わらずなので、他の職員さんも新人さんとは「話をしたくない」なんていう人も。
どんな人かといえば…

●資格はあるけど…
介護職員なので、資格はあるとのことでしたが、実践したことがないようで、車イスからベッドへ、ベッドから車イスへ移すことが出来ませんでした。3カ月経ってやっと何とか…のようです。前職は介護とは別の仕事だったらしいので、仕方ないですけどね。

●何をしたらよいか分からない
入った当初は、もちろん何をしたらいいか分からないので、上司や先輩からの指示で動きます。ところが、3カ月経った今も、今この時間、何をするべきかが分かってないようです。
利用者さんの食事が終わったら、薬を飲ませたり、トイレ誘導したり、歯みがきをさせたり(利用者によっては歯を磨いてあげる)ということを、どれからやればいいのか分からないようです。
最近では、昼食の30分前になっても、お茶提供や寝ている人を起こすなどということを全くしていませんでした。「何をしていたの?」と聞いたら「いろいろ…」との答え。
利用者が一番なので、30分前にはある程度のことをしていなければなりません。
その前は、ポットのお湯が途中で無くなってしまい、昼の5分位前に水を満杯に足してしまう始末。3人分のお茶が足りなかったので、少しだけ入れて3人にお茶を出し、その後、満杯にして欲しかったのですが…
その辺の気遣い?が分かってないようです。

今でも上司の人に「もっと周りを見て!」と言われているのを目にしています。

●メモは…
分からないことがあると、他の職員に聞いてきます。最初の頃はそれでもいいかもしれませんが、3カ月経っても未だに聞いています。「メモはとってるの?」と聞くと「とってます」と。ところが他の職員さんから「新人さんはメモを家に置いてきているらしいよ」と。メモは分からない時に見るものです。これじゃあメモの意味がないんじゃないか…と思ってしまいます。

●利用者さんからも…
午前のお茶の時、利用者さんによっては、コーヒーだったり、紅茶がいいという人がいます。利用者さんから聞いたのですが、新人さんはコップの匂いを嗅いでから、利用者さんに渡すそうです。見えないところでやればいいものを、飲む人の前で、それをやって渡すので、利用者さんが「やめて欲しい」と言っていました。なぜ匂いを嗅ぐのか?もしかしてコーヒーと紅茶の違いが見た目で分からないのかもしれないと思いました。他にもコップに指が入ったまま渡したこともあったようで、衛生的にちょっと…という感じです。

●動作が…
トイレ介助にしても、お茶出し、コップ洗いなど、色々な作業に関して、全体的にゆっくりです。コップ洗いにしても、「そんなに時間をかける?」というくらいのスピードです。上司にも「もっとテキパキ…」的なことを言われているのを目にします。

●お風呂は…
介護職員なので、お風呂にも入れなければなりませんが、やっていません。先輩の職員さんが、お風呂の入れ方などを紙にして渡したのですが、それでもやらず。先輩に怒られていました。怒られても、未だお風呂に入れていません。お風呂には入れないのかな?と。

簡単に書きましたが、もっともっと武勇伝があります。
新人さんは3カ月の試用期間が終わり、契約を更新したそうです。
うちの職場も人手がいないので、こんな人でも欲しいんでしょうね(多分)。

とにかく、評判はあまり良くありません。
でも人手不足だから仕方ないのかも。

新人さんが入った後、看護師さん1人が入りましたが、その人も辟易しています。

この後も、お風呂専門の新人が入ることになっています(短時間勤務)。上記の新人さんはフルタイムです。私と新人さんは職種が違うので、仕事で話すことは少ないですが、できればこのまま話す事が少ないようにしたい気持ちです(^^;)



このエントリーをはてなブックマークに追加

久しぶりに、お仕事のことを書こうと思います。
なぜ書こうと思ったか…ストレス解消かな。
このブログの最初の方を見れば分かると思いますが、
私は精神障害手帳を持っています。
俗にいう“発達障害”というものです。
特にコミュニケーションがあまり得意ではありません。
でもって、仕事先は高齢者施設です。
介護職ではなく、清掃などのアシスタント的なことをしています。
労働時間は決まっています。休みはシフト制なので、土日祝も通勤することがあります。
この7月で、3年目に入りました。

今までやってきて、入居者にも色々な方がいると知りました。
車イスの方、認知症の方、見た目は普通ですが認知症が入っている方などなど。
もちろん、普通の方もいらっしゃいます。
年齢も昨今の寿命がのびていることもあって、90代前後が多いです。

入居者の方は個室で、食事の時に皆で食事をします。
なので、清掃等でお部屋に行くと話をしたがります。
ただ、あまり付き合っていると、自分の仕事ができなくなるので、お部屋にいないときを狙って仕事をしたりします。
入居者の方と話をした時や、お部屋に入って感じた「あるある」を書こうと思います。
私のストレス発散のためなので、「こんな人もいるんだ」ぐらいに思ってください(^^;)

●自分本位
 高齢者施設で一番多いかもしれません。
 自分を中心に世界が回っていると思っている人です。
 なので、すぐに「お願いします」と言ってきます。「もう少し待って」と言ってもまたすぐ「お願いします」と。
 一番面倒な人かもしれません。

●自慢好き
 私が行っている施設にはご夫婦で入居している方もいます。
 ただ、部屋は個室(1人用)なので、ご夫婦でも別々の部屋になります。
 お掃除でお部屋に入った時、かならず「うちの〇〇(夫または妻の名前)は**高校を出て**大学に行って、**
で働いて、何でもできて…」と毎回言います。認知症が入っているので、同じことを何度も言うようです。
 でも、いい職場で働いてきた割には、洗面台等の汚れはベスト5に入ります(裏を返せば、きちんと歯みがきをしてることなのかもしれませんが…
 お部屋の床も、おやつの食べかすなどがあったりして、毎回ちょっと苦労します。

●細かい
 ベットのシーツ等の交換で、いちいち指示をしてくる方がいます。他の方の倍くらい時間がかかります。
 体の調子に波があるので、「今日はダメ」「明日にして」などと言ってきます。具合が悪いなら仕方がないのですが、他の仕事もあるので、難しいところではあります。
 調子が悪い時は「熱いお茶が欲しい」と言ってきます。もう使いっぱしりみたいなものです。
 コールボタンがあるので、それを押して言ってくださいと言っても聞きません。
 うちではシーツ交換日を大体決めているのですが、「〇曜日がいいんだけど…」と言ってきます。
 往診の先生が来るからだそうです。
 応えたいのはやまやまですが、その人に応えてしまうと、他の入居者の方に「私は〇曜日に(シーツ交換を)してもらっている」と自慢気に言うかもしれないのです。そうすると「私は〇曜日」「私は…」ということになりかねないので、なんとか説明しています。

●忘れやすい
 これは認知症がある人も入ってくるので、何ともいえませんが、普段は普通に話をしていても、時折「『お風呂に1カ月入ってない』『廊下を掃除して』と言われた、悔しかった。一生忘れない」などと言ってくることが。もちろんお風呂には入っていますし、廊下を掃除させたこともありません。妄想が入ってしまっている場合に言うんです。廊下の掃除に関しては「次から言われたら断ってください」と言っておきました。次は何が来るのか分からないので、戦々恐々です。

という感じで主な「あるある」を載せました。
たまに本当に、「使いっぱしり」じゃないか?と思うことがあり、ストレスが溜まります。
本来ならストレスを出さないようにしないといけないのですが…仕事って難しいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今までに書いたことがあるかもしれませんが、私は高齢者施設で働いています。
高齢者施設といっても、デイサービスやショートステイなど、色々な種類がありますが、私の所は住居型です。
個室があって、入居者の高齢者は寝泊まりしています。

つい、この間、ある入居者様のお部屋に入りました。
入居様(もちろん高齢者)がいらして、私に「ブドウはもらった?」と聞いてきました。
どうやら前日に入居者様宛にブドウが届き、食べきれないので職員に渡したようです。
私はそのことを知らなかったので、「あとで見てみますね」と言いました。
入居様は「もしなかったら、私の所にいくつかあるから」と言ってくれました。

部屋を出て食堂(入居者は、お部屋食以外の方以外は食堂で食事をします)にいくと、ブドウの箱がありました。
「ああこれか」と思い、蓋を開けると、ブドウに“〇〇さん”と職員の名前が書いた紙が貼ってありました。
残念ながら、私の名前はありませんでした。

別にブドウが欲しいとかではなかったのですが、次に入居者様のお部屋に入った時に聞かれたらどうしよう…と思いました。
「もらってない」という訳にもいかなかったので、入居様が忘れててくれればいいな…と思いました。

翌日、入居様の部屋に入りました。入居様はしっかり覚えていて(笑)、「ブドウもらった?」と聞いてきました。
私は「もらいましたよ」と。入居者様は「本当に?」と再度聞いてきたので、「大きな箱に入ってました」と言うと、安心したようです。

そもそもブドウの数も少なかったみたいで、全職員に行き渡ったわけではないようです。
入居様は、私が部屋の清掃やトイレ掃除などをやっているので、私にも…と思ったようですが、違いました。

入居様、私のことを気遣ってくれてありがとう。
ブドウはもらえなかったけど、その気持ちが嬉しいです。
そして、嘘をついてしまってごめんなさい。
心配させたくなかったんです。

こういう状況って、ままあります。
難しいですよね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと遅くなりましたが、7月初め。就職してから1年が経ちました。
高校卒で就職した職場は長く働きましたが、ある事情から退職。
その後は今まで職を転々としてきました。
ある時から心療内科に通い、手帳を持ち、就労移行支援事業所に通い、職業実習を経て障がい者雇用で就職した今の職場。
就労移行支援事業所に行く直前は2連続で、3カ月で退職したりしていました。
今の職場は、今までの職場とは業種も全く違いましたが、事情を知っている人もいて、何とか続けることができました。
心療内科の先生から「フルタイム(8時間労働)はオススメしない」と言われ、短時間勤務(でも社保に入ってます)にしたことも続けられた原因の一つかもしれません。
就職した時は、お局?様的な人もいました(話しかけるのも勇気がいりました)が、その人も異動しました(全国展開している職場なので)。

自分としては、1年間よく続けて来られたと思っています。
ちょっとだけ自分をほめてあげたいです。
短時間なので収入も…ですが、長く続けられるのが一番かもしれないです。
私の場合、年齢もそれなりなので、次に…となったら、また就活が大変なので。
(就活の大変さは、転職十数回しているのでよく分かっているつもりです)

無期雇用なので更新手続きもありません。
定年か、自分が辞めたい時、会社から解雇を言い渡されない限りは働くことができます。

ただ、相変わらずコミュニケーションは不得意なので、改善するようにしています。
(一部の人からは「問題ないよ」とは言われていますが(^^;))
あと自分に関係ない話に入ろうとしてしまう時があるので、そこは気をつけたいとつくづく思います。

そして、また来年のこの時期も今の職場で働いていればいいなぁと思っています。
頑張れ自分!です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

私はプロフィールにも書いてあるように、心療内科に通っています。
そして、手帳持ちで障がい者雇用として働いています。
就職して有給休暇を付与されるまでになりました。
とはいえ、仕事では色々あって…
精神障害や身体、それこそ手帳なんて持ってないよっていう人も、困ったことは必ずあると思います。
私から見た仕事あるあるを書き連ねたいと思います。
ある意味ストレス発散です(笑)

●言うことが違う
これ、絶対にあると思います。
私の場合、今でもそうです。
2人の人から違うことを言われてしまいます。
1人をAさん、もう1人をBさんとします。
Aさんは「(仕事は)焦らずに」、Bさんは「スピード上げて」です。
言っていることが真逆に近く、困ります。
そのうえBさんは「入念に、そのうえスピードアップ」と。
あまりにもスピードアップすると、おざなりになってしまいます。
Aさんは「Bさん、口が悪いから」、他のある人は「イライラ、ピリピリしてたでしょ」と。
確かにイライラ、ピリピリしている感じではありました。
ある人は、「Aさんの目に入らないように仕事した方がいいよ」と。

言い方によっては、私のようにメンタル弱い人は、かなりグサッときます。
しかもピリピリ、イライラしている時は一番下にとばっちりが来るんですよね。
一番、モノ(注意)が言いやすいという…

こんな時、私はAさんにもBさんにも「頑張ります」としか言えないです。
Aさんは結構気遣ってくれます。「こういう手順でできそう?」とか。
Aさんや他の職員の人にはありがたいと思っています。
ここ数日は、ピリピリしたBさんにばかり言われているので、ココロが折れそうですけど…

●連絡が来ない(知らない)ことがある
私は短時間パートで働いています。
早く帰るので、月1回の会議にも出ません(時間が合わないし、パートは出なくでもいいのかも)。
そのせいもあってか、会議内容を最近まで知りませんでした。
しかも業務連絡のファイルがあることも、就職して3カ月以上経ってから知った次第です。
結局、自分から動く(聞く)ことをしないと知りえません。
でもBさんには、ちょっと怖くて聞けない自分がいます。

●自分の裁量で仕事をしようとしたら…
これは皆さんが経験するかは分かりません。
私の場合、就職当初はやる仕事が決まっていました。
最初に教えてくれた人が「これは1日おきにやって」みたいに言ってくれていたんです。
ところが、その教えてくれた人が退職しました。
退職したとたん、今までの仕事のやり方にBさんが「〇〇じゃなく、××をやってほしい」「今までの仕事の他にもう1つ追加してやってほしい」と言われました。
今日は〇〇をしようと思っていると、「〇〇じゃなく××か△△を」と。
自分の裁量で仕事はできなくなりました。
それはいいのですが、私のようなものは何をしたらいいのか分からなくなることもあるのです。
焦ってしまい、ストレスになってしまいます。

私の仕事は詳しくは言えないのですが、施設でお掃除の仕事をしています。
なので、よく歩き、動くので汗が出ます。喉もかわきます。
飲み物はもっていっているのですが、Bさんが言った仕事をこなすためには水分補給の時間もないほどです。
ま、休憩なしの短時間ですから、飲まない方がいいのかもしれませんが…

ある人が言っていました。
「100%いい職場なんてないんだよ」と。
そうですよね。
でも私は人間関係構築が苦手なので、口が悪いBさんも分かってはいるのですが、どうにかなればなぁなんて思います。
ま、希望的観測ですですけどね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ