ぷあ日記

その名の通り、poor(低収入)で生活しているぷあの日記。転職、病気、趣味ごとをメインに書いていきます。基本、週末更新。

今回はライ・イーさんです。

ライ・イー(賴 藝)
ライ・イー(本人ウェイボより)
(ご本人のウェイボーより)

★本名
 賴 藝
★生年月日
 1990年11月29日
★生誕地
 中国・江西省贛州(かんしゅう)市
★身長、体重、血液型
 182センチ、63キロ、O型
★略歴 
 北京電影学院を卒業後、卒業後は嘉行伝媒(Jiaxing Media)に所属。2015年戦隊変身ヒーロードラマシリーズ「鎧甲勇士捕将」に出演し、芸能界デビュー。
★配偶者
 なし。独身です。
★SNSなど
 ウェイボ(中国版Twitter)
★主な出演作品(日本で見られるもの)
 ドラマ
  永遠の桃花~三生三世~(2017)疊風(ちょうほう)役 
   https://www.cinemart.co.jp/dc/c/eternallove/(公式サイト・シネマート)
  扶揺(フーヤオ)〜伝説の皇后〜(2018)宗越(そうえつ)役
   https://www.cinemart.co.jp/dc/c/fuyao.html(公式サイト・シネマート)
  如歌~百年の誓い~(2018)暗夜羅(あんやら)役
   https://www.cinemart.co.jp/dc/c/joka/(公式サイト・シネマート)
  万華楼<ばんかろう>~金糸が紡ぐ運命の恋~(2020)李清流(りせいりゅう)役

永遠の桃花
(BS12より)

永遠の桃花_ライ・イー
永遠の桃花のライ・イーさん(シネマートより)

扶揺
シネマートより

扶揺_ライ-イー
扶揺のライ・イーさん(BS12より)

如歌(公式サイトより)
シネマートより

如歌_ライ・イー(公式サイトより)
如歌のライ・イーさん(シネマートより)

万華楼(BS12より)
(BS12より)

万華楼_ライ・イー(LaLaTVより)
万華楼のライ・イーさん(lalaTVより)

ライ・イーさんは「永遠の桃花」より「扶揺(フーヤオ)」での医聖・宗越役の方が印象に残ってます。「扶揺(フーヤオ)」の方が圧倒的に出番も多いですし。
「万華楼」は未見なのですが、主演の1人なので、かなり出番も多いと思います。録画してるので、見るのが楽しみです。
ワン・イーボーさんと同じ塩顔?かなと思います。
とにかく長髪が似合うな~と

次回はレオ・ローさんになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、職場で「みっちーがね」という話になりました。
私は「ミッチー」こと及川光博さんのことだと思っていたのですが…
ジャニーズのなにわ男子の道枝駿佑さんのことでした。
今はみっちーといえば、道枝さんなんですね。
私の時代は及川さんでしたが…(^^;)
(年齢分かっちゃいますね(笑))
めっちゃジェネレーションギャップでした。

他にもこんな勘違い?があるかもしれません。
あっ、ありましたね。
「松ケン」と「マツケン」。
「松ケン」は松山ケンイチさん、「マツケン」は松平健さん。

今後も「どっちの?」なんて言葉が飛び交いそうです

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日暑い日が続いてますが、皆さんお元気ですか?
暑い時は躊躇なくエアコンをつけてくださいね。

今回紹介するのはヤン・ヤンさんです。

ヤン・ヤン(楊 洋)
ヤン・ヤン(本人のウェイボ)
(本人のウェイボより)

★本名
 楊 洋
★生年月日
 1991年9月9日
★生誕地
 中国・上海市(原籍は安徽省合肥市)
 ※原籍とは日本でいうところの本籍
★身長、体重、血液型
 180センチ、60キロ、AB型
★略歴 
 2003年に中国人民解放軍芸術学院舞踏系(現・国防大学)を卒業。軍芸で学んでいた当時、北京の芸術学院では「軍芸の色男を見に日帰りで出かける」という言葉が広まったが、これは楊洋のことで、彼を一目見ようと多くの芸術学校の女子学生たちが軍芸にやってきたといわれている。
★配偶者
 なし。独身です。
★SNSなど
 ウェイボ(中国版Twitter)
★主な出演作品(時代劇で日本で見られるもの)
 ドラマ
  四大名捕~都に舞う侠の花~(2015)無情(むじょう)役
   http://yondaimeiho.ponycanyon.co.jp/(DVDオフィシャルサイト)
  神龍<シェンロン>(2018)林動(りんどう)役
   https://kandera.jp/sp/shenron/(ドラマ公式サイト)

四大名捕_楽天ブックスより
(楽天ブックスより)

四大名捕_ヤン・ヤン
「四大名捕」のヤン・ヤンさん(オフィシャルサイトより)

四大名捕_ヤン・ヤン(アマゾンプライム)
「四大名捕」のヤン・ヤンさん(左。右はチャン・ハンさん)(アマゾンプライムより)

神龍(楽天ブックス)
(楽天ブックスより)

神龍_ヤン・ヤン
(ドラマ公式サイトより)

ヤン・ヤンさんは時代劇では上記2作品が日本で見ることができます。
私は「四大名捕」しか見たことがないのですが、「四大名捕」では1人の女性を一途に想っているという役。
4人の中で一番優雅な動きをしていました。
「神龍<シェンロン>」は見たいんですけどね。
スカパーあたりで一度放送したようですが、もう一度放送して欲しいな~と思っている私です(笑)

次回は、「永遠の桃花~三生三世~」や「扶揺(フーヤオ)~伝説の皇后~」などに出演しているライ・イーさんです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ